退職代行EXITと弁護士ならどちらに依頼すべき?非弁行為って?

退職代行EXIT(イグジット)

退職代行サービス「EXIT(イグジット)」は安心してできるサービスなのか?弁護士とどうちがうのかについて見ていきたいと思います。

退職代行サービスで見かける「非弁行為」とは?

今の職場で働くことが難しい、そう感じてはいるもののスムーズに退職することができず悩んでいる方は少なくありません。退職はすべての方に平等に与えられた権利であるにも関わらず、それを行使できずに毎日辛い日々を送るという話は今のご時世では珍しい話ではないでしょう。

そんな方々にこそぜひお教えしたいのが退職代行サービス。数あるサービスのなかでも注目されている「退職代行EXIT(イグジット)」です。退職に必要な連絡等を代行してくれるサービスで、退職の意思を伝えることから退職に至るまでを請け負ってくれるのが特長です。

しかし「退職代行サービスは法律上問題ないのか?」と疑問を抱かれることも多く、退職といった本人にとってデリケートな問題をきちんと扱ってくれるのかと不安に感じられる方も少なくないでしょう。「そういった心配を感じるぐらいなら弁護士に依頼した方が安心では?」と思われることもあるようです。

法律上の問題としてあげられるのが「非弁行為」と呼ばれるものですが、こちらは弁護士法72条「弁護士でない者が報酬を得る目的で代理や仲裁、和解などを禁止する」にあたる行為のことを意味します。つまりお金を取って交渉事をする場合は、弁護士の資格がなければできないのです。

退職代行EXITは安心して利用できます

ところがご存知の通り、弁護士に依頼するとなると高額になりやすく金銭面の負担が大きくなりがちです。確かに「退職願を代わりに書く」や「給与の未払いについて交渉する」といった行為に関しては弁護士以外が行うことはできません。しかし、「退職の意思を伝える」ことは、退職したい方の伝達役としての行為にあたるため問題ないと考えられています。

そのため退職時に必要な書類を提出するなど、ご自身でやらなければならないものに関しては代行してもらうことはできません。しかし直接会って退職する意思を伝えなくて良いこと、会社へわざわざ出向く必要なく辞められるメリットは大きいといえるでしょう。やるべきことを最低限で済ませたい、そんな方にこそおすすめしたいサービスなのです。

交渉を必要とせず穏便に退職できるように進めてほしい、できるだけスムーズに即日退職を目指したい。まず辞める第一歩がなかなか踏み出せない、という方はまず気軽な気持ちで相談してみてはいかがでしょうか。EXITはメールや電話、LINEなどさまざまな方法で無料相談を受け付けています。辞めたいと思った今こそ動く時です。